JR西日本 どこでもきっぷ など販売見合わせ ~コロナ感染拡大を受けて~

SLばんえつ物語 @磐越西線 JR東日本

今年のゴールデンウイークは、みなさんはお出掛けされているでしょうか。鉄道を利用して、飛行機を利用して、車を利用しての遠出の旅行、はたまたおもいっきりぐーたらにインドアに過ごす人もいるでしょうか。私は、JR西日本 どこでもきっぷで3日間鉄道を満喫しています! のはずでしたが…

令和3(2021年)4月9日にJR西日本から“JR西日本 どこでもきっぷ”の販売がアナウンスされました。JR西日本と智頭急行線が3日間乗り放題で22,000円。今回の目玉は、新幹線や特急も乗り放題という太っ腹企画券なんです。

が、しかし、4月12日に当面のあいだ販売を見合わせるとの発表がありました。新型コロナ感染拡大に伴う措置ということです。残念… この企画券に反応したすべてのみなさんは、十中八九で乗車計画の机上シミュレーションをしていたんじゃないでしょうか。もちろん私も、もう勘弁というくらいに乗りまくる予定でしたので。前回の記事も見てくださいね。JR西日本のお膝元の京阪神では、コロナ感染者が増加していましたし、結局は緊急事態宣言が発出されましたので、JR西日本としては賢明な判断だったかとは思います。もし北陸・山陰・山陽エリアで感染が広がってしまうと、JR西日本も非難されることは充分に考えられますので、苦渋の決断であったことは想像に容易いですね。どうせがらがらで列車を走らせるなら、少しでも販売して収入としたかったでしょう。お一人様の旅だといい気もしますが、今は国民みんなの踏ん張りどころですから。

JR西日本 乗り放題きっぷ 発売見合わせ プレスリリース

“当分の間、見合わせることとしました”

とJR西日本のプレスリリースではアナウンスされています。この先、新型コロナ感染拡大が落ち着いた時には販売再開してもらえたらいいですね。その時はしっかり乗って応援しましょう!

 2021年はニューノーマルな生活がこれからも続きますが、

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です