近鉄の新観光特急“あをによし”が来春デビュー ~鉄道車両っていくらする!?①~

令和3(2021)年10月8日、近鉄(近畿日本鉄道)から新しい観光特急のデビューがアナウンスされました。近鉄は、大阪・京都・奈良・名古屋・伊勢志摩などを結ぶ私鉄では日本最長の路線長を持つ鉄道会社、名阪間の速達特急でもおなじみです。大阪から名古屋へは、時間の新幹線か乗り心地の近鉄か、いつもとても迷うところ。昨春(2020年)には名古屋と大阪をむすぶ名阪特急“ひのとり”の新型車両がデビューしました。 “電動式フルアクティブサスペンション”というなにかよくわからないシステムが採用されているというところにも、近鉄のやる気が感じられますね! (ちなみに “電動式フルアクティブサスペンション”とは、機械的にではなくて電動制御で横揺れを大幅に減らす鉄道では画期的なシステムらしいです…) その新車投入に押しやられる形で、今夏でデビュー50年近くを迎えた12200系特急が引退しました。“スナックカー”と言えばわかる人もいるかもしれませんね。近鉄特急と言えばとイメージしている多分それです。で、その引退した12200系を改造して観光列車にしてしまおうというのが、今回のコンセプトのようです。

近鉄 観光特急「あをによし」ツインシート(イメージ) 12200系

2人用ツインシートと3~4人用サロンシートの2種類の座席構成で、一般的な特急の2列ずつ並ぶのではなく1列ずつで合わせて84席。コロナ禍が落ち着いていると信じたい来春(2022年)には、グループ客やインバウンド需要を見込んでいるとのことです。そして、この投資額はなんと3億3,000万円! これが高いのか安いのか? そもそも、鉄道車両っていくらする?? 次は鉄道車両のお値段についてお話したいと思います。

近鉄 特急 12200系

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です